Feel the wind~Chie's days of life♪

chiearai.exblog.jp

ソプラノ新井千惠(新井千恵)のブログ

新年会♪

◆早めにジムに行って走るはずが

昨日の疲れが抜けず結局夕方までボーッと(vv)>

e0106251_055871.jpg夜は大学院のフランス歌曲の授業でお世話になった先生と、先生の門下に関わる方たちの新年会にお邪魔しました。おいしいフランス料理と先生の差し入れガレット・デ・ロワを楽しみつつ、2月末に参加させていただくコンサートの曲目相談もちょっと。パラグラフごとにコース料理の画像を入れてみますね♪

コンサートの伴奏は大学院の授業と院2の修士演奏枠のレッスンで伴奏を引き受けてくださっていた、上野さんが担当してくださることになっています。早く曲を決めて日程を相談せねば(>_<)

e0106251_055399.jpg大学院を出て、さすがに在学生の知り合いが減ったなあと思いますが、今日初めて会った音楽教育の4年生2人、それから大学、大学院で一緒だった友達とちょっと話す機会があって感じたのは

私自身が今現在学生だったり同じ時期に学生だった子たちに対してなんとなく神経質になってしまっているというか、閉じてしまっているな…ということ。

なにかきっかけがあって話してみると、みんなとってもいい子で、ああ会の最中にもっと話せばよかったな、もったいなかったな…と思ったし

同級生ともきっかけがつかめれば懐かしい話に花が咲いたりするのに(>_<)


e0106251_0562140.jpg◆いろんなことがあって、ここ数年変に神経質になってしまったというか…長くかつ辛抱強く付き合ってくれている人たちの存在があるからこそ普通に生きているし音楽も続けていられると思っているのですが

広い意味で、一般的な人付き合いの面でも

私がなんとなく遠慮してしまうような気持ちを相手の方も持ってしまっていて、きっかけ一つで割合簡単に和やかにできたりするんだろうな

現役の子たちと同じ年頃だったときに何も考えずにできていたことを、今は少し気を付けて、上手に人と関わっていけるといいな

ということを

今日の反省とともに、また同時にいくばくかの希望の部分として、抱えて帰ってきたのでした(vv)

年を重ねるに従って気持ちを柔軟に保って人と接するのが難しくなってきたように思っていたのですが

気持ちの在りよう一つで大分様子は変わるのかも…

集団を離れると多くの人と新たに知り合う機会は少なくなりますが、それでも社会に居ればなにがしかの出会いはある。そういうことを、もっと大切にできたらな…なんてことを思ったりしました。


e0106251_0565364.jpg◆それから私にとって大学院は精神面でなかなかしんどい場所で私自身も気持ちが揺れやすく、その時期に暖かく接して下さった方には今でも感謝しているし、手の平を返すように様子が変わってしまったのか、それ以前からそうだったのに気づかなかっただけなのか…そういうこともあり、なんとなく複雑な気持ちで過ごす時期でもあったわけですが

久しぶりに先生や同門の方、学校のレッスンでお世話になったピアニストさんとお話しして

直接何か言われるようなことはないのだけど、一緒に話をしたことで

人間は人の中に居て初めて生きている、生かされているんだなということを感じ

なんとなく自分ももう少し頑張ろうかな、という気持ちになったりする…

そういうのが人と会う効用なのかな、なんて。


年末年始くらいから日程調整をして、この会が新年会としては一番早く決まっていたのですが、年明けから相談を始めたところは大体月末に。もう新年会、という時期ではないかもしれませんが、久しぶりに会って話す機会は楽しみです。いずれもいいきっかけになるといいな…と思っています。

♪♪1日1クリック、お願いします♪♪
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[PR]
by chiearai | 2010-01-16 23:50 | 歌と日常

ソプラノ新井千惠(新井千恵)のブログ


by chiearai