Feel the wind~Chie's days of life♪

chiearai.exblog.jp

ソプラノ新井千惠(新井千恵)のブログ

桜が大好き

e0106251_20175510.jpg◆4月になって、最初のブログ投稿ですね(vv)いろいろ出来事はあったのですが、なかなか気持ちの整理がつかなくて…

今日は木曜に歌うフランスオペラのアリアの、主に言語指導ということで大学院でお世話になった先生のお宅に伺いました。

駅に向かう途中で踏切にひっかかって予定の電車に乗れず、途中乗り換えて待ち合わせの駅に向かったんでは遅刻してしまう…でも先生のお宅へは自宅最寄駅の隣の駅からも行こうと思えば行ける。乗り換えなしで済む分時間に余裕があるのでは



急遽伴奏者に連絡してそれぞれ別方向から向かって先生のお宅の前(正しくは下)で待ち合わせ。

ああ間に合ってよかった…


先生のお宅、音楽家のお家だな~という感じでとっても素敵でした(^o^)

もう少し、美意識を持って生活しないといかんよな…と己が環境を眺めまわして反省中(vv)


◆木曜にオーディションを受けまして、長くお世話になっている先生が関わっているので昨日のレッスンで結果については伺えたのですが

オーディション自体はいろんな意味で勉強になり、考えさせられることがありました。

ロビーからですが同じ役で受ける方の声をたくさん聴いて

先生が本当はあまり薦めない、と仰る意味がよく分かり、本番となるとどうしても頑張って歌うべきラインを崩して押してしまう、というのを絶対にやらない、と思って出て行って

いざ歌い出そうと準備したときに

審査席から意外な質問が飛び

それが私が勉強を続けている中で最もコンプレックスに感じている点を突いていたため

一瞬混乱して

自分でも思わぬ答えを言ってしまい

それを訂正するべきなのかどうなのか迷ったというのもあるし

自分の先生がいるからって先生にメールを送るのは変だと思う…ということで結局事務局に相談したのですが


e0106251_20281741.jpg◆質問のタイミングと内容については、概ね言う方が非常識であるという意見が多く、落ち着いた今は私自身も思うことはありますが

真っ先に感じたのは

今に至るまでに遠回りをしてきたことで

同じ場所に居る人たちよりはるかに年上であるということに、自分で自覚していたよりもはるかにストレスも引け目も感じている

だから起きたことではないか

…ということでした。


公の場で言うことを強要される精神的苦痛であるとか

個人情報がとかプライバシーへの配慮がとか

言おうと思えば言えるかもしれないけれど


形はどうあれ事実を聞かれているとも言えるわけだし

恐らくはこれからもついて回る。


結局は乗り越えて行くか

キャリアを積む最初の場所に居ること自体、出て行くこと自体がもう遅すぎると諦めるのか

傷みに触らずにやっていける場で過ごして行くのか…


◆今回駄目だったらレパートリーや今後の方向性を考え直した方がいい、という話が出ていて

それでも今まで通り続けて行く、というのを選んだわけですが

そうは言いながらも

オーディション自体は通過点のつもりだったのに、そこを通って見えたものが私には重くて

受ける前とは同じ気持ちになれずにいます。

別に元気でも元気じゃなくても、先が見えないことに代わりはないのですが(vv)>


初めて

今まで一度たりとも浮かんだことのない言葉が頭をよぎる。



それが嫌なら辞めなければならないのか…



◆毎年近所の桜並木の下を通るのが楽しみで、今日も帰りに歩きながら画像を撮ってきました。最初の画像は昨日夕ご飯に外出したときに撮ったもので、2枚目が同じ場所で今日ジム帰りに撮ったものです。



桜の花びらが

心の中に降り注いでいるように、感じています

♪♪1日1クリック、お願いします♪♪
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ にほんブログ村
人気ブログランキングへ人気ブログランキング
[PR]
by chiearai | 2010-04-04 20:30 | 歌と日常

ソプラノ新井千惠(新井千恵)のブログ


by chiearai