Feel the wind~Chie's days of life♪

chiearai.exblog.jp

ソプラノ新井千惠(新井千恵)のブログ

チェーホフと寄席☆

◆ここ数日

体調か気圧か

今一つ気持ちもシャキッと元気になりきれず

今日も昼間はのびきって寝てしまい、夕方から支度しながらも散々迷いつつ

フィガロ授業の一環、火曜の舞台動作の授業へ。

こういう調子のときは簡単に気持ちが閉じてしまうので、身体を動かして打開するしかないのかなーというのもあり(vv)


◆割合運動してるように見えるのは、一つには元々そんなに体力がなくそれほど丈夫でもないというのを意識して、動くようにしている…というのはあると思います。

一日外に出ても、家に帰ると疲れてのびてるというのはよくあるパターン。

ただこの夏はそこをなんとか改善して、お家でより楽しく快適に過ごすべく、環境向上に時間を使おうと思ってはいます(^o^)


何度か向かう方向性を大きく変えて今まで来ていて、その都度必要だった道具や資料、その時読んでた本や聴いていた音楽…

全部箱に入って、屋根裏やクローゼット代わりにしてる部屋に積まれています。

もちろんそれ以外の場所にも。


◆正直なところ食生活と練習とコンディション調整、目の前のことをこなしていくだけで体力的にはかなりいっぱいで

だからこそ家族もあまり強くは言わなかったのだと思うのですが

今はもう関わっていない、過去に使っていたものを処分する時間を作る、または掘り起こして今使うものにすることで、解決することがあるかもしれない…と思っているのです。

そうは思うものの、一度に解決する量でもなし(vv)根気強くやっていくしかないかもしれません。

夏が本格化する前にワンステップ。年内には大まかに目処がつくといいのですが(vv)>


◆標題の話しに戻ります。

舞台動作の授業に出て少し元気を取り戻し

明後日の曲の暗譜ももう少ししたいし帰ろうかと思っていたのですが、授業後に劇場の事務局の方から午後連絡を頂いていた

国際舞台芸術祭

の本日の公演「ちぇほふ寄席」を観てきました。

今年生誕150周年を迎えるチェーホフの戯曲、可愛い女、プロポーズ、かもめ、熊の4作品が落語や浪曲で語られるという試みで


声楽は舞台訓練の一環、という感覚でレッスンに通っていた

多分かもめの主人公二ーナよりも若かった頃にこれらの戯曲を読んでいたことを思い出して

当時のことを懐かしく思い出したり

時を経て物語を改めて見返すとまた違った味わいを感じたり

ジャンルは違えど舞台で表現するということを考えさせられたり…

シアターχでは機会があると公演中の舞台に触れる機会を作ってくださっていて、いつも有難く思いながらも目の前の準備を優先してしまいがちなのですが、ああもったいないな~、ほんとに有難いことなんだな…と改めて思いましたm(_ _)m


◆さて明日は朝から夜まで出っ放しでレッスンとジムと週末のリハ。間にちょこちょこ時間はあるのでそこで楽譜製本したり、暗譜やら譜読みやら。荷物持てそうならイタリア語の宿題も合間にやるか…

精神と体力のバランスを上手にとりつつ、現状維持からもう一歩…いや二三歩くらい(^^ゞ、先に進めたいな~(^o^)

♪♪1日1クリック、お願いします♪♪
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ にほんブログ村
人気ブログランキングへ人気ブログランキング
[PR]
by chiearai | 2010-06-08 23:51 | 歌と日常

ソプラノ新井千惠(新井千恵)のブログ


by chiearai