Feel the wind~Chie's days of life♪

chiearai.exblog.jp

ソプラノ新井千惠(新井千恵)のブログ

思い出と感謝と

◆先週15日に急逝された、オペラサロン・トナカイの早川オーナーのお通夜に伺いました。

トナカイにお世話になってまだ1年足らず。オーナーに初めてお目にかかったのはちょうど昨年の今頃のことです。大学院と研修所を修了した昨年、二期会会館で演奏する機会があったのですが、終演後にオーナーがトナカイの広報誌を片手に訪ねてくださって、その場で出演のお話しを頂きました。

歌い手になることを考える以前、コンサートやオペラに通うホールの入口で受け取るチラシの束には大抵トナカイの広報誌が一緒に入っていて、当時から若手の歌い手の登竜門として知られていました。月日が過ぎて音楽大学に入り、大学院に行き研修所に通うようになり…以前より身近に出演者と知り合う機会があっても、例えば研修所の同期で出演していた方たちは本当に優秀な方ばかり。憧れはあるものの私にはまだ遠い場所だと思っていたので

まさかこんな形で実現するとは…と突然の出来事に本当にびっくりしたのを覚えています。

翌日担当の方と電話で打ち合わせをしてシフトを出し、それから今日まで本当にあっという間でした…


◆私は今こうして歌うようになるまでにかなり遠回りをしていて、音大に入った時点ですでに現役の同級生たちの「今の年齢」より上。人より遅れている分早く外に出ていけるようになりたいと思っていて

研修所は大学院を修了してからか、せめて1年待っては…と仰る大学の先生の反対を押し切って、学部の卒業が見えた時点で二期会研修所を受けてしまい、研修所で指導にあたってくださった先生方にもご心配をおかけしながらなんとか修了したのですが(vv)

もし昨年研修所を修了していなかったら、もしかしたら私はオーナーと出会うことはなかったかもしれません。少なくともここ数年はトナカイで演奏することもなかったかもしれないと思うと、巡り合わせの不思議を感じます。


◆オーナーが亡くなられたのは、奇しくも私がトナカイに出演していた当日のことでした。お通夜の会場を出た後、その時対応していたスタッフの方と少しお話しする機会があったのですが

出演者の方たちが気付かないように気を付けていたのですが…とこんな緊急事態でもアーティストが平常通り演奏できるように気を配ってくださって、本当に有難いと思いましたm(_ _)m

ご冥福をお祈り申し上げると同時に、歌い手として多くの歌手を育ててきたトナカイというサロンで演奏する機会を頂き、多くの方に巡り合えたことに改めて感謝して、これからも頑張っていこうと思っています。

にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ 人気ブログランキングへ
[PR]
by chiearai | 2010-07-21 01:15 | 歌と日常

ソプラノ新井千惠(新井千恵)のブログ


by chiearai