Feel the wind~Chie's days of life♪

chiearai.exblog.jp

ソプラノ新井千惠(新井千恵)のブログ

合唱合同稽古、アンサンブル

◆魔笛は午後からソリストと合唱団の合同で稽古があり

自分が出演する組とは別に、1公演合唱のサポートに入ることになっていることもあり、通し稽古に入る前にソリストと合唱が一緒に入っている場面を見学しておこうと出かけてきました。

でも結局他のサポートに入る方たちにつられて、つい一緒に出てしまったのですが(^^ゞ

説明しながら一緒に動いてくださったサポート仲間に感謝m(_ _)mm(_ _)m

そしてやっぱり見てるより、実際動いてみて分かることがたくさんあったので、出てよかった(^_^)


◆魔笛の中で、侍女Iという役は夜の女王、パミーナに次いで難役と言える役だと思っていて

先生には、夜の女王、パミーナが完璧に歌える人がこれらの役を経た後に歌うか

若手でGのポジションが何をしても絶対に崩れないという人が歌う役

力に任せて歌っていたら2幕までも声がもたないよ

…と言われておりまして、稽古は当然立ち稽古、通し稽古という時期にきているので、声の点表現の点ではお世話になっている先生のところに通って注意しながら進めているのですが

侍女には他の2役とまた違った難しさがあって…

それは

3人で一組の役であるということで、技術的に声を守りいい状態で歌っていくと同時に、歌の面でも演技の面でも、常に(他の誰かとの重唱、ということではなく)一組の役としてのアンサンブルが付いて回るということなんですが

いやー難しいです(vv)>


◆これまでは元々歌い手だったり俳優だった方が転身された…という演出の先生にばかりお世話になっていて、声の面で無理なことを要求されたことがなかったのですが

今回はそういうわけにはいかない。

もちろんきちんとハマれば絵的に面白いものになるのは間違いないとは思うのですが

声を犠牲にせずに、音楽を犠牲にせずに

そして真の意味で楽譜に忠実に

3人が一緒に歌うところは息を合わせて

ドラマとしての演技も落とさず成立させていく…


◆公演まで1ヵ月を切りましたが、一人の時間にできることも改善の余地もまだまだたくさんあるように思います。

もっともっと楽譜としっかり向き合っていく

それは今関わっている、魔笛という作品だけのためではなく、これからの自分のためでもある思う。


そして

チケットも只今鋭意お取り扱い中☆

どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

♪♪1日1クリック、お願いします♪♪
にほんブログ村 クラシックブログ オペラへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[PR]
by chiearai | 2011-05-05 23:58 | 歌と日常

ソプラノ新井千惠(新井千恵)のブログ


by chiearai