Feel the wind~Chie's days of life♪

chiearai.exblog.jp

ソプラノ新井千惠(新井千恵)のブログ

椿姫というオペラが特別である理由 その2

◆今回は、「私にとって」椿姫というオペラが特別な理由について記載します。

私は一度社会に出てから

縁あって音大に入り直して

同級生たちよりはるかに年上で

スタートラインは一緒

現役の同級生たちとはそもそも行く道が違うだろうと思いながらも

遅れているという意識があるゆえに

目の前にあることにはトライしてきて

実際に行く道は同じだったのか違うのかは

今となっては分かりませんが

「自分の」行く道は歩いてきたのかなと思っています。


◆大学院と並行して二期会研修所に通い

学生生活と研修生生活は同じ時期に終了しました。

修了した年に、二期会のアフタヌーンコンサートに出演させて頂き

演奏後に、若手演奏家の登竜門といわれたオペラサロン・トナカイの故・早川オーナーに声を掛けて頂きました。

新国立劇場や東京文化会館などで上演される、国内外の主要なオペラ公演に行くと必ずチラシが入っていた、憧れるけれど自分には遠い遠い場所だと思っていたお店

研修所のクラスでも出演していた方はいらしたけれど

文字通り、突出して成績優秀な方ばかりで、「私も出たい」と言うような雰囲気ではなく

自分に縁のある場所とも思っていませんでした。

なのにびっくりするような形で機会を頂いて…


◆トナカイにはお声がけ頂いた翌月から、店舗営業を終了するまで3年間お世話になりました。

前オーナーには生前


自分が直接声を掛けにいくことは滅多にない

本当に珍しいことなんだよ

それはあなたが

あの日演奏した何十人もの歌手の中で

誰よりも華があったから。

技術だけどんなにあっても人は魅力を感じない

歌手の魅力は技術ではなく華にあり

人は華のある歌手に魅せられるんだよ

と言っていただいていました。


◆椿姫は

そのオーナーが

今のあなたの声で全幕を歌うには重いかもしれないけれど

いつかぜひ歌ってほしいんだ

と強くリクエストしてくださっていた作品でした。

トナカイでもダイジェストで演奏させていただいてから

もう4年になります。


◆椿姫というオペラに触れる度に

このことを思い出します。

勉強を続ける、というスタンスから

仕事として演奏をしていく意識と自信につながるご縁という意味でも

お店にも作品にも、特別な思いがあります。


多くのオペラ歌手を輩出してきた名店のオーナーが

そんな風に仰って応援してくださっていたこと

ヴィオレッタをいつかぜひ、と言ってくださっていたことは

演奏する上で

今でも支えになっている、と思うのです。


小さな舞台ですが

その分至近距離でお楽しみいただけます。

この機会にぜひ。


お読みくださって有難うございます。ぜひ2つのランキングバナーのクリックにご協力くださいませ(^^)/


[PR]
by chiearai | 2015-03-21 12:30 | 歌と日常

ソプラノ新井千惠(新井千恵)のブログ


by chiearai