Feel the wind~Chie's days of life♪

chiearai.exblog.jp

ソプラノ新井千惠(新井千恵)のブログ

カテゴリ:観たり聴いたり( 23 )

フランス歌曲の勉強会

 ◆2/22(土)、午後から三軒茶屋にあるサロン・テッセラで開かれた勉強会を聴きに行きました。
e0106251_08135698.jpg
大学院のフランスか曲の授業でお世話になったご縁でずっと参加させていただいてきました。今年は1月中旬のボエームから20日までの本番が大変なので参加は難しいなと思い申し込まなかったのですが、大雪で足止めになったりもしましたし、予定していた勉強や戻ってからのコンディション調整には苦労したので、これ以上増やさなくて正解だったかなと思っています。

初めて落ち着いて聴くこともできたし(^^ゞ

自分の過去の演奏を反省しつつ orz


週が明けて、今週一週間は仕事に行く日はあるものの、全体に余裕があるので、友人と会ったり譜読みに時間を割いたり片付けたり、といった時間の使い方ができるように動こうと思います(^^)

(大阪行きから勉強会まで、リアルタイムでは23日深夜(24日)~朝の更新でした)
お読みくださって有難うございます。ぜひランキングバナーのクリックにご協力くださいませ(^^)/
[PR]
by chiearai | 2014-02-27 20:17 | 観たり聴いたり

Si può fare

◆6月以降、昼間空いている平日は研修のために会社に通っていました。

これまで休養やコンディション調整、レッスンに行く日に会社に行っていたのでなかなか大変でしたが

今日で研修はおしまーい\(^o^)/

来週から少しずつ在宅勤務に切り替えていきます。


◆退社後は通っている語学学校の映画鑑賞会へ。

語学学校にはイタリア行きが定番化し始めた3年目、2010年から週1回90分のクラスに細々と通っています。

予習も復習も全く追いつかないけれど、たまに2~3週間イタリア行ったときだけ下手なりに喋って、ちょっと慣れた頃に帰って全部忘れてまた一年後…というよりは何かあった方がいいかなと思って(・ω・)

それで月1回金曜夜に映画鑑賞会があるのでずっと行きたかったのですが、当時から金曜は授業や稽古で通年で空けておかねばならず(vv) そちらの予定が今年は木曜に動いたので今日ようやく。

本日の映画はこちら。

Si può fare (=やればできる) 日本では「人生ここにあり」というタイトルで2011年に公開された映画です。

作品の解説はこちら(MovieWalkerにリンクしています)。
YouTubeに総集編が3パートに分かれて上がっているので、ご興味のある方はサイトからご覧くださいm(_ _)m


◆帰宅してからは椅子に座って気付くと寝てる状態で宿題やって、フィレンツェで知り合ったイタリア語の先生と今週3回目のオンラインレッスン。

先生に週3にするべきだ、とずっと言われていて、時間的に絶対無理だと思ってたのですが

下手すると1週間丸々無理な週もあるし、3回できるときは入れとこうかな…と思って試してみたら

1日おきの3回目には大分言葉が出るようになります。


人間らしさがいいところも悪いところも素直に表れているイタリアという国も、住んでいる人も好きで、機会があれば行きたいと思うけれど

好きだなーと思うと同時に、自分がその世界の外側に居るんだなということを感じます。

外側にいるなりに好きだし行きたいなというのが、自分のスタンスかなと思います。

自分の居場所は「ここ」にあって、ときどきあちこち行ってはみるけれど

今居る場所を居心地よくしていくのが大事ということで…


◆来週からは家で仕事をする時間が増えるものの、時間の自由はきくので助かる。

休むところは休み、家の中の障害物は日々減らしていき、友だちに会いおいしいものを食べ

毎日元気に歌ってフル回転で過ごしています。

そういうのがぐるぐるとエンドレスに続くのがまた、楽しいのかも(^^ゞ

お読みくださって有難うございます。ぜひランキングバナーのクリックにご協力くださいませ(^^)/
にほんブログ村 クラシックブログ オペラへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
by chiearai | 2013-07-13 02:09 | 観たり聴いたり

レ・ミゼラブル☆

◆新演出のレミゼを観に行きました(^^)/
e0106251_23433866.jpg

大学で同期同門のくみちゃんがコゼット役でデビューした舞台。決まったときから行きたいと思っていたけれど、稽古や仕事の日程が出るまではチケットをとることもできず

ようやく行く日を決められる!と思ってぴあに勇んで向かったときにはすでに全日程全席完売(/_;)

さすがに無理かな…と思っていたのですが

運よく譲ってくださる方がみつかって、彼女の出演日に観に行くことができました。
e0106251_23434245.jpg

◆ミュージカルナンバーなどは一応昨日予習して臨んだものの

生の舞台は迫力が違う!!!

プリンシパルと呼ばれるソリストの方たちはもちろん素晴らしいけれど

特にアンサンブルのパワーに圧倒されました。

最後のカーテンコールに並んだときに

え?こんなに人数少なかったの??とびっくり。


◆名作が原作なのでストーリーはよく知られていて

私実は人が死んでしまう話しというのは個人的にはあまり好きじゃなくて

それは過去に接した家族や友人の死を思い出して悲しくなったり

今身近にいる大事な人に死が訪れる場面を想像して怖くなってしまったりするからなのですが

そういう事を置いておいても、レミゼの音楽には人の心を動かす力がある。

出演者がカーテンコールに並んだのを見て胸が熱くなりました(^^)/


◆縁あってオペラというものに多少なりとも関わって生きているけれど

オペラやクラシックのコンサートでここまで人を動かせるのだろうか

そのためには何をどうしていったらいいのだろうかと

終わってからなんとなく、考え続けています。

自分にできることを頑張って続ける。まずはそこから、かな…

お読みくださって有難うございます。ぜひランキングバナーのクリックにご協力くださいませ(^^)/
にほんブログ村 クラシックブログ オペラへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
by chiearai | 2013-06-30 00:02 | 観たり聴いたり

未来のイタリア

e0106251_2262197.jpg
◆イタリア文化会館のエキジビションホールで開催されていた、「未来のイタリア」というイベントのガイドツアーに参加してきました。
ガイドツアーは語学学校の先生がガイドをするというもので予約制だったのですが、参加者が私一人だったので個人レッスンというか

途中からイタリア語を話すフランス人が加わって2対1というなかなか贅沢な時間(^^ゞ

イタリアというと文化遺産とか美術芸術グルメ…と歴史的なイメージが先に立つけれど、このイベントではイタリアにおける最先端技術の紹介という側面がありました。

私も前者の興味が先立って語学を勉強し始めたクチなので、逆に新鮮でもありました(・∀・)


e0106251_2261565.jpg
◆こちらは現在非公開になっている遺跡の中をバーチャル見学するコーナー。スクリーンの前にパネルがあって、スタートのところに立つとそれを感知して画面がスタート画面になり、次のパネルで言語を選択し、人のパネルで手を動かした通りに画面の視野が変わっていきます。

ガイド役の先生がお手本をみせているところ。パネルと画面の間は意外と距離がありました。
e0106251_2261172.jpg

他にも放っておいても光が当たると汚れを分解して自己洗浄する布とかアレルギーフリーの貴金属、学習するロボットなどなど、面白いものがいろいろ(^o^)

日本でのイベントはこの金曜で終了して、次はアメリカ各都市で開催されるようです。ご興味のある方はイベントの特集サイトをご覧ください。


◆帰りがけに千鳥が淵のお堀で一枚。緑がきれいな季節になりました(・∀・)
e0106251_22622.jpg

いいね!の代わりに1クリックを(・∀・) ぜひランキングバナーのクリックにご協力ください(^^)/

にほんブログ村 クラシックブログ オペラへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
by chiearai | 2013-05-17 02:25 | 観たり聴いたり

ペネロープ!

e0106251_124494.jpg◆フォーレ協会の演奏会を聴きに行きました(・∀・)

前半にドビュッシーのパンの笛(フルート曲)、ドビュッシー、ラヴェル、ストラヴィンスキーの歌曲、フォーレのピアノ曲などの演奏の後、

後半に今からちょうど100年前、1913年に初演されたフォーレの「ペネロープ」という珍しいオペラの抜粋上演がありました。

ラヴェルの歌曲をもっと勉強したいなーと思ったり

ストラヴィンスキーの日本の和歌を題材に作られた歌曲に刺激を受けたり

静かな空間に身を置いて、音楽を聴いてその日を終えることができるというのは幸せなことだな~と思いながら聴いていました(実際には帰ってから時差の都合で深夜のオンライン語学レッスンが待っていたのですが(^^ゞ)。


◆今日の演奏会はもしかしたら

どちらかというとクラシック音楽が好きだったり、特別な興味のある方が多く足を運ぶ機会だったのかもしれませんが

素敵なコンサートは来日アーティストとか

ラ・フォル・ジュルネばかりじゃくて

意外と身近なところにもたくさん

きっと毎日どこかで開催されている


時間が許せば気軽に足を運んで楽しむ

気持ちのゆとりを保っていたいなと思いました。

今年はそういう風でいられるのが目標です(`・ω・´)ノ


いいね!の代わりに1クリック(・∀・) ぜひランキングバナーのクリックにご協力ください(^^)/

にほんブログ村 クラシックブログ オペラへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
by chiearai | 2013-05-15 01:47 | 観たり聴いたり

熱狂の連休

今年のGWはコンサート旅、合わせ、コレペ、レッスン、オーディション、授業、語学レッスン…と演奏に関わるあれこれで日々過ぎていったのですが、連休の最後は聴衆としてお祭りに参戦(^o^)

コチラ
e0106251_20286.jpg

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンに毎年来ているという、高校時代の先輩ご夫妻とそのお友だちと待ち合わせ。

集合すると、まずはチケットと日程表を広げて誰がどのコンサートを聴きに行くかの分担会議。彼らは好きな演奏者のコンサートは日を変えて複数購入していて、そのおススメの2回目の方を譲っていただきましたm(_ _)m
e0106251_1595933.jpg

国際フォーラムエリアには屋台がたくさん出ています。朝10時待ち合わせだっただけあってまだそんなに人は多くありません
e0106251_1595673.jpg

コンサート前に朝ごはんの調達から(^^ゞ
e0106251_159527.jpg

ケバブ☆
e0106251_1594778.jpg

ナプキンがカワイイ(・∀・)
e0106251_1594476.jpg

11時開始のトリオ・ヴァンダラーの演奏を待っているところ。プログラムはラヴェルとショーションのピアノ三重奏
e0106251_1594082.jpg

コンサートを聴き終わるとまた集まって一杯♪
e0106251_1593421.jpg

2回目は12時半からの「20世紀パリ:音楽の冒険」というプログラムを聴きに行きました。ラヴェルの序奏とアレグロ、ブーレーズのシュル・アンシーズというピアノ、ハープ、鍵盤打楽器が各3台の9人編成という珍しい演奏です。
e0106251_159304.jpg

戻ると宴会再開(というかコンサートに行く人が入れ替わるだけで宴会自体は続いていたのかも(^^ゞ)野外演奏の音楽が聞こえてきたりしています。
e0106251_1592676.jpg

お昼時になって、通路を確保するのがやっと…
e0106251_1592217.jpg

大人気の帝国ホテルのアイスクリーム。一口食べちゃったけど(^^ゞ
e0106251_1591620.jpg

今年で9回目という大人気の音楽祭なのに今回が初体験。とっても楽しかったので、日程が可能であればきっと来年も行きます。

譜読みが落ち着いたらもっとコンサートに行こう(・∀・)

2つのブログランキングに参加しています。お読みくださったら、ぜひそれぞれのバナークリックにご協力くださいませm(_ _)m

♪♪1日1クリック、お願いします♪♪
にほんブログ村 クラシックブログ オペラへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
by chiearai | 2013-05-07 02:34 | 観たり聴いたり

地獄変というオペラ

e0106251_121163.jpg◆この週末は、勉強させていただいている劇場で新作オペラ「地獄変」の公演中。授業後に初日を見学させていただきました。

公演のことは朝日新聞(ポータルサイトのリンクはこちら)にも取り上げられています。

シアターχというのは演劇用に作られた小劇場ですが、近年はコンサートやオペラの上演も増えています。地獄変は劇場の創立20周年記念公演で、原作はもちろん芥川龍之介の「地獄変」。

プロデューサーの上田さんは、このオペラの作曲者であるロネン・シャピラ氏に、現代版のドン・ジョヴァンニを作ってほしい、と依頼したのだそうですが、シャピラ氏と話し合う中で、両国にゆかりのある芥川龍之介の作品をと思い付かれたのだそうです。


◆作品は12音の平均律ではなく、1/4トーンといわれる音階を使って作曲されています。演劇的要素も強く(これは当たり前のことではあるのですが)、上演時間も1時間強で息をつく間もなく、飽きる暇もなくあっという間に終わってしまいます。

音楽も演出も刺激的で、オペラって演劇なんだよな…と改めて思いました。

学生の頃通った研修機関でお世話になった先生方や、公演の助演に入ってくださった先輩、ここ数年モーツァルトのオペラを一緒に勉強している仲間たちが出演していて

メインキャストの方たちが演技とともにあの楽曲を歌いこなしているのもすごかったけれど、劇中のコロスの位置付けも決して軽くはなく、ソリスト同様に舞台上で緻密な演技と歌唱をみせていて、舞台上の(演奏している作曲者も含む)出演者と劇場空間に圧倒されました。

終演後のロビーの様子。
e0106251_114313.jpg

2つのブログランキングに参加しています。お読みくださったら、ぜひそれぞれのバナークリックにご協力くださいませm(_ _)m
♪♪1日1クリック、お願いします♪♪
にほんブログ村 クラシックブログ オペラへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
by chiearai | 2012-08-12 12:12 | 観たり聴いたり

聴くも勉強

e0106251_0285543.jpg◆母校の先生方のコンサートを聴いてきました。

入場無料とは思えぬ豪華なプログラム(^^ゞ

今回は気付いた時点で応募期限を過ぎていたのでさすがに諦めていたのですが、同窓生の友人の代わりに急遽行かせていただきました。


◆今回のように多くの歌い手さんが出演されるガラ形式のコンサートは勉強させていただく側には有難く

今日もプログラムのこと、声のこと、ステージマナーのこと…様々な面で参考になること刺激を受けることが多かったです。

今回はイタリア作品が多く、先生方の演奏に刺激を受けて、久し振りにイタリア作品のプログラムをコンサートにかけたくなりました。

秋には実現できるでしょうか(*_*)


◆さてこれから大急ぎで支度して、朝には成田に向かいます。

衝動的に申し込んだソウル激安ツアーなので特に時間にかなり制限がありそうな気配が漂っているのですが、まずは楽しんできたいと思います☆

…ということで行ってきます(^o^)/

2つのブログランキングに参加しています。お読みくださったら、ぜひそれぞれのバナークリックにご協力くださいませm(_ _)m

♪♪1日1クリック、お願いします♪♪
にほんブログ村 クラシックブログ オペラへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
by chiearai | 2012-07-01 00:45 | 観たり聴いたり

心に届く、歌をうたう

e0106251_2311412.jpg◆母校の大学で、先生方によるコンサートを聴かせていただきました。

今日伴奏された先生方も含めて、在学中に授業やレッスンで指導を受けた先生ばかりが出演されていました。外部のコンサート会場ではなく、試験や卒業演奏で学生が立つ、同じ舞台での演奏を聴く機会に恵まれるという、本当に幸せな経験をさせていただきました。

先生方それぞれに個性があり、華があり…舞台マナーや衣装、演奏における集中力など、勉強になることばかり。集中力と同時に、見せ方、届け方が全然違う、ということを感じました。
そして素晴らしい先生方の許で勉強させていただいたことを改めて有難く感じると同時に、今日の演奏を受け止めて、聴いてくださる方の心に届く歌が歌いたい、歌えるように頑張って行きたいと思いました。


◆昨年辺りから、夏になると暑さで胃腸に負担がかかるようで、今年の夏も思うように練習できない毎日が続きました。この頃は朝少し涼しくなると途端に食欲が出て、日中に気温が急上昇するとすぐに胃が重くなる…という状況。どうしたらこの胃腸の不調を回避できるのか、具体的な対策は見つけられていないのですが、来年はなんとか回避できるように考えます(>_<)

休み休み過ごしているうちに、日曜には来年2月のドン・ジョヴァンニの公演詳細を決めるための試験がやってきます。明日は試験前の最終授業。今試していることが安定してできるように、頑張ってこようと思います。

2つのブログランキングに参加しています。お読みくださったら、ぜひそれぞれのバナークリックにご協力くださいませm(_ _)m
♪♪1日1クリック、お願いします♪♪
にほんブログ村 クラシックブログ オペラへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[PR]
by chiearai | 2011-09-15 23:11 | 観たり聴いたり

もう一つのカヴァレリア

e0106251_059458.jpg◆今日はヨガスタジオの朝クラスに出たらそのまま帰宅して、夜の稽古に備える予定だったのですが、思ったより体力が残っていたので

思い切って今年1月のフィガロでお世話になったシアターχの「カヴァレリア・ルスティカーナ」を観に行くことにしました。

つい1週間前に舞台で演じた作品だったから余計に感じたのだと思うのですが

キャストが、演出が、指揮者が違うとここまで変わるものなのか…とびっくり。

まだ公演中なので詳細の記述は控えますが、さすが演劇を主に上演する劇場のオペラ公演だと感じるものがありました。他のオペラ公演では観られないものが見られるかもしれません。


◆また、今日の舞台を興味深く拝見させていただくと同時に、先週まで関わっていたカヴァレリアのよさを改めて感じました。

マエストロの指揮とピアニストのイタリア的な熱い演奏、キャストの方たちのイタリアンな響きが懐かしい(/_;)

いつか再びご一緒できる機会があるといいな…


◆夜は魔笛稽古でした。前の時間枠の稽古を見学させていただき、侍女の稽古後に衣装の打ち合わせ。声と動線をきちんと融合、解決して明後日の稽古に臨みます(vv)

♪♪1日1クリック、お願いします♪♪
にほんブログ村 クラシックブログ オペラへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[PR]
by chiearai | 2011-04-29 23:56 | 観たり聴いたり

ソプラノ新井千惠(新井千恵)のブログ


by chiearai