Feel the wind~Chie's days of life♪

chiearai.exblog.jp

ソプラノ新井千惠(新井千恵)のブログ

カテゴリ:歌と日常( 385 )

おかげさまで
今年も無事、誕生日を迎えることができました。
 
30歳になることすら信じられなかった二十歳の私も、
あっという間にハタチの子供がいてもおかしくない大人になりました(^^)
 

e0106251_00590718.jpg

ハタチの私が孫でもおかしくない年齢も
あっという間かもしれません。
 
元気で日々過ごせることが
何よりもありがたいです。
 
 
大人の今は
子供の頃には想像もしなかったくらい楽しく
 
また予想外なことに
見た目ほどには大人でもなく
まだまだあがいている自分を感じます。
 
 
そして大人になった今でも
子供の頃に感じたいろんなことが
影響していることを感じるこの頃
 
これからも
人の心に届く音楽を演奏するために
日々過ごしていくと同時に
 
人生を
より望ましい方向に向けていくための
心のケアを
求めている方に伝えていきます。
 
今年もどうぞよろしくお願いいたしますm(__)m
 
2016.8.16
新井千惠

日々の実況はFacebookで、
日常の気づきと最新情報はメルマガでお伝えしています。

お読みくださって有難うございます。ぜひ2つのランキングバナーのクリックにご協力くださいませ(^^)/



[PR]
by chiearai | 2016-08-16 06:56 | 歌と日常

8年目に入りました。

学生生活を終えた2009年にご縁を頂き、同年7月から長野県茅野市にコンサートに伺っています。
学部生時代の2004年からアンサンブルを組む友人と、トロヴァトーリというデュオで演奏しており、
当地でのコンサートは初日の24日が150回目、8年目に突入しました。

 
今後も毎回の出会いと気付きをそれぞれの演奏活動に生かし、いい形で循環させていければと思います。
関係者のご尽力、ご協力に感謝いたします。
 
今後ともよろしくお願いいたします。


e0106251_04101227.jpg

e0106251_04102058.jpg


e0106251_04103802.jpg


日々の実況はFacebookで、
日常の気づきと最新情報はメルマガでお伝えしています。

お読みくださって有難うございます。ぜひ2つのランキングバナーのクリックにご協力くださいませ(^^)/



[PR]
by chiearai | 2016-07-27 04:16 | 歌と日常

今日はもう

本当に

本当に

本当に時間がありませんでした(vv)

 
 

e0106251_03133908.jpg
 
 

NYから
メトロポリタン歌劇場、ジュリアード音楽院
マンハッタン・スクール・オブ・ミュージックの
音楽スタッフや教授陣が来日して開催されていたサマーコースを終えて

 
サマーコースの最中にセラピストの仕事で

個人セッションが立て続けに決まり(なんと養成講座も決まり)、

修了演奏会の翌朝からセッションが続いて…

 

1か月後にかけるベルリオーズの歌曲は

大好きだけど、文字通り初曲でまだまだ難航中。

 

電車の中でも譜読みを続けて駆け込んだ、
鎌倉の先生のところにレッスンに伺える最短の日が今日。

 

ソルフェージュ再特訓の成果もあって、
私にしては破たんは少なかったけれど、完成にはまだ遠い…

 

◆来年までのマイルストーン的には


8月が東京室内歌劇場のメンバーズコンサート

9月下旬~10月上旬にイタリアに行って

11月にコンセール・Cの定期演奏会で三善晃歌曲

来年3月に東京室内歌劇場の主催でサロンコンサート

  

冬場のどこかに「愛の妙薬」が入る予定で

他に途中に何か入るかは、この夏の頑張り次第(vv)>

  

  

◆サマーコースが終わって今日からスパルティートに復帰。

「愛の妙薬」の準備をスパルティートの仲間たちと、いよいよ始めます。

   

今日がネモリーノをお願いした美声&ナイスキャラS田君初登板。

コレペに来てくれた指揮のS村くんと3人で軽く呑んで帰宅。

  

  

「プリマドンナオペラの座長を務める覚悟はあるのか」

  

という質問を先生から受けつつ、

  

立派な大人になった今でも、学生さんや春まで学生だったり

(今学生だと親子でもおかしくない年代なわけですし(vv))

歌い始めた子もいるけれど、そういう子たちの中で当たり前に

一緒にオペラができているのは、多分無茶苦茶恵まれているんだと思う。


  

◆愛妙は院試や卒試などの日程を避けて、11月か

年を越して1月で組む予定。

近日中に決めて、チラシも字幕も作りますよp(^^)q

  

今までは同じ演目を勉強しているメインのインペクさんがいて、

私は自分の公演日のことだけしかみてなかったので、

一人でも全部決めていくのは大変だけど、いい勉強なのだと思います。

  

スタートが遅くても、

時間がかかっても近道を選ばずにやっていたら、

間を飛ばして一足飛び、もない代わりにいろんなものが

飛ばさずに順番にやってくる。

時間もかかるし楽ではないけれど、不思議と楽しい。

  

元気で長生きして、長く歌い続けられるように

諸々整えていきたいと思います(^^)

  

  

◆来週から夏のメンバーズの稽古が始まり

稽古の合間に

  

来週は名古屋

その次の週は長野

その次の週は計画中だけど恒例の乗り鉄の旅

今年は実質3泊なので、結構遠くに行く。

  

セラピストの方は

個人セッションがあって

養成講座があって

イベント出展が2つあって

インスト講座の助っ人に行く日があって

協会フォローアップに行く日がある

  

大変だけど楽しい。楽しいけど大変。

最終的には、毎日楽しいです(^^ゞ 



日々の実況はFacebookで、
日常の気づきと最新情報はメルマガでお伝えしています。

お読みくださって有難うございます。ぜひ2つのランキングバナーのクリックにご協力くださいませ(^^)/



[PR]
by chiearai | 2016-07-09 03:18 | 歌と日常

【久々の講習会】

欠員が出たとのことで、
今週は急遽、学生時代にお世話になった先生のマスタークラスに参加させていただいています。
 
  
e0106251_02462859.jpg
 
オペラを演じる以外でイタリア作品を歌うのは、実は超久々。先生に最後にお目にかかって以来かもしれません。
 
音楽漬けの学生時代を思い出して、いい変化につなげていきます(^_^)v
‪#‎マスタークラス‬ ‪#‎学生時代を思い出す‬ ‪#‎毎日歌って‬

日々の実況はFacebookで、
日常の気づきと最新情報はメルマガでお伝えしています。

お読みくださって有難うございます。ぜひ2つのランキングバナーのクリックにご協力くださいませ(^^)/



[PR]
by chiearai | 2016-05-25 02:46 | 歌と日常

普通に続ける、続く人生

オペレッタの合唱募集で
区民対象のオーディションを受けたのが1996年。
  

e0106251_23570174.jpg


地元で趣味が同じ仲間をみつけるとか
純粋に楽しみのためだったけれど、
  
その一歩を最初とすると
10代の頃のレッスンを除いては
音楽生活なるものは数えて20年。
  
その頃は
まさか自分が音大に行くとは想像もしていなかったし
ましてや職業にするとは夢にも思わなかった。
  
勉強自体は割合気楽に再開して
それから音大に行こうかな、というのも
最初は気楽の範疇だったと思う。
  
(気楽じゃダメなんだと、あちこちで叱られながら
しかし本人のベースはやっぱり気楽のまま
ここまできた気がする。弱点でもあるとは思うけど。)


音大、大学院、オペラ研修所と通って、
卒業、修了して6年。
  
特別秀でた実力があってということではないけれど
今でも細々と続け、まだしばらくはこのまま続けていると思う。
  
続けることに疑いがない
というのはあるかもしれない。
  
大学院を出てすぐに、両国のシアターχで
パフォーミングアーツ塾というのが始まり
主にモーツァルトのオペラを勉強してきて
   
納得のいくことばかりではなかったので
ある年に
もう辞める、と決めたらPA塾の方が
なくなってしまった(vv)

形を変えて引き継がれた
スパルティートには、今でも通っている。
(最初から続けて残ってる、最後の一人らしい。)
    
  
私は決して優秀だったわけでも
誰かに特別に可愛がられていたというのでもなく
  
「頑張って」続けているつもりもないのだけど
基本的に辞めようと思った事はない。
  
「続ける」のが普通の状態なのかもしれない。
  
  
スパルティートも
普通に当たり前に続けているうちに
気がついたら
  
アマチュアの頃
この声が好き〜!
と好んで舞台に行っていた歌い手さんに
  
巡り巡って
  
先生の十八番の役で
指導を受けていたりする。
  
今年の
愛の妙薬とコジのレッスンは
私にはそういう時間。
  
これはもしや
結構すごいことではなかろうかと
ちょこっと思いながら
贅沢な時間を過ごしています(^ ^)


日々の実況はFacebookで、
日常の気づきと最新情報はメルマガでお伝えしています。

お読みくださって有難うございます。ぜひ2つのランキングバナーのクリックにご協力くださいませ(^^)/



[PR]
by chiearai | 2016-03-11 23:57 | 歌と日常
◆動物占い、ご存じの方も多いと思いますが、

動物占いが四柱推命をベースに作られていることをご存じの方はどのくらいいらっしゃるでしょうか?
  
今日は
動物占いを活用して人間関係の改善に役立てる、
自分の運命周期を知って今の状態をサポートする開運神社を知る、という珍しいセミナーを受けに行きました。
    

本などでは調べることができない、意思決定や素質、本質、願望、希望などに関わる第4キャラクターまで調べていただきましたが
  
60種類あるキャラクターのうち、私は「優雅なペガサス」。
第4までの4つのキャラクターのうち、本質と意思決定を表すキャラクターは動物占いで唯一の架空の動物ペガサス。残り2つが現実志向の地球グループという、割合珍しいキャラのようです。
  
  
動物占いを知って人間関係に生かす、というのがメインのトピックでしたが、私はむしろ、自分の本質をこのような形で知ったことで、これまでの環境や、自分自身の扱い方、認識にずれがあったことに気づき
  
自分の本質をより生かし、伸ばしていくきっかけになったように感じています。
  
  
◆運気のリズムとしては
今年は10年のサイクルで最高の年。
   
  
同じ運気リズムが巡った10年前は
   
企業を退職して受験して入った音大の最終学年で
卒業試験や大学院の入試に挑戦しており
  
   
今もアンサンブルを組む、ピアニストの友人と
卒業の年のチャレンジとして、ある日本歌曲の大曲に1年かけて取り組もうと決め
    
授業のない、春休みも夏休みも、毎日のように集まって練習していました。
  
  
歌い手とピアニストとして、その曲を演奏することを、
それぞれが密かに目標にしていることが偶然判ったのが
その年の冬休み明け最初の日でした。
   

当初は人前で演奏することなど想像もできず、卒業の年に取り組む課題、挑戦のつもりで練習を続けていたところ
    
その曲が思わぬきっかけから私の卒業試験の曲になり

学内では、今は亡き畑中良輔先生のリクエストで、この曲が公開レッスンの課題に取り上げられることになりました。
   
     
◆畑中先生からは
どうしてもこの曲は取り上げたいから、学生でみつからなければ先生に演奏していただいても…
と要望があったのに演奏者がみつからなかったそうで
   
友人が、公開レッスンの幹事の先生のレッスン伴奏に行ったときにその話がでて、
レッスンを受けていた先輩が私のことを思い出して、先生に話してくださったのがきっかけで
  
大学院入試の直前に開催された公開レッスンで
この曲を大学の先生方が並ぶ前で演奏することになりました。
     
畑中先生にも

「よくここまでさらった。褒めてつかわす」
とお褒めいただき

院試の方も過分な成績で通過することができました。
  
  
現役の学生より年上だった分、人より勉強していた「つもり」ではあったけれど
学生としての私は、突出して優秀な生徒というわけではありませんでした。
  
  
◆純粋に「好き」と「憧れ」だけで選んだ曲
人前で演奏することなど想像もしなかった大曲を
   
たまたま友人も課題として考えていたために、時間も無制限に近い状態で練習することができ、それが先々のいろいろなことにつながった…
  
  
セミナーを受けて前の10年を振り返ることで、
     
入試や卒試など、予定されていた課題を通過することでいっぱいだった
10年前の<完結>にあたる年には、確かに先の自分につながる大きな出来事が次々起こっていたことを思い出しました。
   
   
周期を知って迎える今年
旧暦の2016年はまだ始まったばかり。

充実した年にしていきたいです(^^)  
  

日々の実況はFacebookで、
日常の気づきと最新情報はメルマガでお伝えしています。

お読みくださって有難うございます。ぜひ2つのランキングバナーのクリックにご協力くださいませ(^^)/



[PR]
by chiearai | 2016-02-12 01:30 | 歌と日常
◆毎日何時間も練習して、ピアニストと毎日のようにレッスンを受ける

そんな恵まれた環境で過ごした学生生活と、卒業してからの年月が、ちょうど同じくらいになろうとしています。


現役学生だった同級生と同じだけ、私も歳を重ねました(若返ってる説に関してはちょっと置いておくとして(^_^;))
学生時代にできなかったことが今できている手ごたえと共に、以前は当たり前にできていたことが失われつつある側面も感じる昨今、ソルフェージュを専門に選んだ友人の力を借りて、しばらく穴埋め作業をしていくことにしました。


e0106251_01023351.jpg

◆音楽は、いわゆる早期教育を受けてきたわけではありません。

子供の頃は見よう見まねでピアノを弾いて、舞台に立つために高校生から声楽のレッスンに通い、ピアノは歌の先生に一緒に教えて頂いただけ。
音大受験の準備でピアノとソルフェージュのレッスンを受け始めて、聴音対策に和声を一緒に勉強することを勧められて、分からないなりにレッスンを受けてから受験に臨んだこともあり、学部時代はソルフェージュと和声で滅茶苦茶困るようなことはなかったと思います。

◆音大は学部から大学院と6年通い、受験前からの私を長く知る先生には「いい教育を受けてきた感じがする」と言って頂いていました。
専門教育を受けるのが遅かった割にコンクールやオーディションで通して頂く事も多く、在学中の先生方に、なぜ私ばかりがそんなに通るのかと不思議がられることもありました。おそらくは受験以前を知る、その先生が仰るようなことが要因ではないかと思っています。

◆やらなくなると衰えるのも忘れるのも早いです。

それが見逃せない状況であるとしたら

音楽の基礎体力の見直しと増強は、歌のレッスンを減らしても十分に価値があると思います。一段落するまでどのくらいかかるか分からないけれど、一通り状況が戻るまで、しばらくはこの路線で(^ ^)


日々の実況はFacebookで、
日常の気づきと最新情報はメルマガでお伝えしています。

お読みくださって有難うございます。
ぜひ2つのランキングバナーのクリックにご協力くださいませ(^^)/


[PR]
by chiearai | 2015-11-16 01:12 | 歌と日常
◆バタバタだったりブログが書けなかったりで間が開いてしまいましたm(__)m

前回からここまでの間には

セラピストの仕事の方で急遽生徒さんが決まって(セラピストとして個人セッションもするのですが、ご自身でセッションができる方を育てるのが本務なのです)養成講座を開講し

開講している間に次の月の生徒さんも決まり

徐々に仕事として動き始めてきた感触も生まれつつ


◆演奏の方では
日本歌曲の新作初演の機会を頂き


e0106251_01061466.jpg

(作曲家の松尾毅先生、ピアニストの白石照男さんと)


その後すぐに10月のコンサートで長野に行き


◆長野から戻ると、昨年からお世話になっている東京室内歌劇場でいくつか演奏のお話しを頂きました。

一つは1月10日の新春メンバーズコンサート。
第一部でヘンデルのオペラアリアと、第二部のオッフェンバックのオペレッタ「市場のかみさん」抜粋で

もう一つは2月26日の東京室内歌劇場の歩み。
こちらではペルゴレージ「奥様女中」とハイドン「月の世界」の曲を担当します。


◆長野のコンサートは10月の後はしばしお休みで、来年1月末辺りから、リフレッシュして伺う予定…
いろいろ工夫して向かいたいと思います(^^)

長らくの生活習慣から腰に不調が出て治療中のため、来週の門下会を諦めることにしました。
日常生活は少しずつ普段に近い状況に戻ってきましたが立ち座りなどもまだ制限がありますし、休養と治療を優先して、まず12月に照準を合わせた方が安全と考えています(こちらも1か月を切っているので心配は心配ですが)。


ということで次は12月6日のフレッシュガラ。
レパートリーにしていきたい曲、これまで演奏してきた曲でプログラムを組んでいます。
週明けからは少しずつ詰めていかねば(vv)

多くの方に、聴いていただけますように。
なかなか宣伝が苦手なのですが、これからがんばってお知らせしていきます。


日々の実況はFacebookで、
日常の気づきと最新情報はメルマガでお伝えしています。

お読みくださって有難うございます。ぜひ2つのランキングバナーのクリックにご協力くださいませ(^^)/

[PR]
by chiearai | 2015-11-08 01:24 | 歌と日常
Facebookに投稿しようかなと思ったのですが

いろんな事が一度に押し寄せているので
頭の整理を兼ねてこちらで。

音楽ネタはやはりこちらの方がいい気がしますね(^^)


◆音楽面では年明けから大きな機会が続いて

(正しくはもうずっとそんな感じで何年も続いていたのが)
走って走って一段落したのが6月中旬。

7月には長野のコンサートのリハ中に一大決心をして
こちらでのコンサートのあり方を変えて向かうことに
したはいいけれど
実際問題一人で考えるの無茶苦茶大変…

デュオだから二人で考えればいいんだけど
まず自分、の提示ができないと始まらないから。


◆音楽以外の仕事を
これまでの語学系で会社に行ったりではなく
セラピストとして仕事をすると決めて1年。

1年間、ビジネスの勉強とコンサルに通った場を7月で卒業して
卒業直前に診断アプリをリリースして

ビジネスコンサルの契約が終わったら
毎日メルマガを出しながら
資格試験の勉強をしていて

次のチームコンサルに動く間に
別のところにお世話になったりして
今月中にもう一つ仕事のサイトを作ることになったり

自分でも感心するくらい
次から次へと考えるもんですな(笑)


◆それで音楽は
コンクールはもうよくないでしょうかと思っていて
そうすると目指す目標みたいなものが
ない状態が初めてやってきたかも…

というのが今ココ。

まあちょっと
どうしようかなと思ったりしています。

そんな状態でも
オペラを一本通して勉強しつつ
公演の可能性を探っていける場があるのは有難く

有難すぎて
なくなるようなことでもない限り
辞めるなんて考えられません。

これからも
スパルティートは
遅れているなりに、フル稼働で参加します。


◆10月は来週末に
日本歌曲の新作初演
次の週が長野でコンサート

11月は先ほど先生からご連絡を頂いて
門下会と
コンセール・Cの方で
公開レッスンを受けさせていただく予定

12月と1月に都内でコンサートを検討中
しかし12月は突然決めたようなもので

ピアニストは
まさか来年の1月で
探すのが大変とは思わず
逆に12月の週末が簡単に決まるとも思ってなくて

いいお返事を頂いても
自分で打診したくせに

12月は実質1か月しかないし
間に合うか自信ないから考える

とか言い出す始末(vv)


◆トロヴァトーリの
デュオとしてプログラムを構成する
自主コンサートをしようという話も出ていて

私はピアノソロのときは休めるけれど
ピアニストはずっと弾きっぱなしなので

周辺のことは私が働くことになるのかも。
これは楽しくできるように考えようっと。

大がかりにせずに
お友達とお喋りしながらできる
ホームコンサートみたいな感じ

多分2月。

そうだ2月はもしかしたら
もう一つ大きいのがやってくる、かも。


◆レッスンに持って行く曲とか
コンサートのプログラムとか

もう全然考えられない状態なのに
なんとか乗り切る運命にあるらしいです。

そんなこんなでぐるぐるしてるうちに

気が付いたら
来年の展開が
みえてくるのでしょうか

オペラは
愛妙アディーナとコジでデスピーナ

明るく楽しく笑って帰れるオペラ
形にできるといいな。


日々の実況はFacebookで、
仕事に絡めた日常の気づきと最新情報はメルマガでお伝えしています。

お読みくださって有難うございます。ぜひ2つのランキングバナーのクリックにご協力くださいませ(^^)/

[PR]
by chiearai | 2015-10-03 02:00 | 歌と日常

今起きていること。

◆あっという間に秋になり
ようやく気温が下がっても風邪の症状が出なくなってきました。

はい。

夏風邪が抜けず

保菌している間はレッスンにも行けずで
無駄に時間が過ぎてしまいました(vv)


◆オペラのレパートリー作りのための稽古場に先週から戻り

今月10日に新作歌曲を演奏させて頂くので
声の状態も整えていかねばと数日前にレッスン通いを復活。

不思議なもので

小さな一つが動き始めると
いろんな機会が巡ってくるようです。


12月、1月、2月くらいの演奏機会の
日程と共演者の相談をしています。

まもなくお知らせできると思うので
今少しお待ちくださいm(__)m


それと
長年アンサンブルを組んで、デュオで演奏したりしているのですが

それはそれで大事だけれど
一人でしっかりやっていかんとな

と思うこの頃。
(それで旅日記をまとめるのも億劫になってしまうのでしょうか…いやそういうことでもない気がしますが)

2016年はこの辺りも
心境も新たに向かっていきます。


日々の実況はFacebookで、
日常の気づきと最新情報はメルマガでお伝えしています。

お読みくださって有難うございます。ぜひ2つのランキングバナーのクリックにご協力くださいませ(^^)/

[PR]
by chiearai | 2015-10-02 14:09 | 歌と日常

ソプラノ新井千惠(新井千恵)のブログ


by chiearai