Feel the wind~Chie's days of life♪

chiearai.exblog.jp

ソプラノ新井千惠(新井千恵)のブログ

<   2014年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

稽古初日

帰国して10日。行く前はインフル帰ってからは風邪でダウンしましたが、少しずつ調子を戻しています。こちらの日記は成田からの帰りの移動中に書いていたものです035.gif

◆4/10(木) Concerto Sacroの稽古開始。

朝ごはんを食べて劇場に向かうはずが

連れて行ってくれる人は2人居たはずなのに

まさかの行き違いにより置いてきぼり007.gif

(初っ端から騙し討ちに遭ったような気分でこの時点でもう無理だと思っていたのですが、この後もこの類のことが次々起こり、本番当日に劇場入りするまで相当に落ち込んでいました(;_;))

現地の地図はマントヴァに居る間にダウンロードしてあって
e0106251_2218639.jpg

把握しにくいな…

と思っていたわけです(u_u)

B&Bで頂いた地図、その分かりにくくてお手上げだったのと同じものでしたが orz (分かりにくいのは地図ではなく、街の作りの方なんですが)

◆そうは言ってもなんとかして行かねば…と宿で道順を聞いて出発。

途中で分からなくなり道行く人に聞いても知らないと言われ

観光案内所に駆け込むもさらに迷う008.gif

迎えに来て頂いたときに街並を大まかに説明してもらい

目印になる街の中心の広場に着くも

そもそも地図の劇場マークすらはっきりとは分からずどっちに向かっていいか分からない

初回稽古の開始時間を目の前に、なんでこんなところで道に迷ってるの…?

と早くも絶望的な気分に(;_;)


◆近くにいた年配の方に道を聞くと

これはねー

今修復中の教会なんだよね

と話しながら歩き始め

なんか工事中の道を入っていく。

あのー

私今すごく急いでいて

あと5分で劇場に行かなきゃならなくて

と訴えるも

まあまあ(笑)

と相手にされず

ほら、と立ち止まって指差された

目の前に

トラエッタ劇場が
e0106251_22181077.jpg




教訓。

「お客さん」で居る間はイタリア人の方が助けになる(事が多い)

◆その日の稽古後の空き時間を使って

地図を片手に

自力でどこでも行けるように歩いて回ったのは言うまでもありません(u_u)

お読みくださって有難うございます。更新モチベーションを上げるためにも、ぜひランキングバナーのクリックにご協力くださいませ(^^)/
[PR]
by chiearai | 2014-04-18 11:21 | イタリア日記
劇場でのコンサートを終えて翌朝には出発。南イタリア編はローマから日本に向かう飛行機の中で少しずつ打っています。

◆4/9(水) 北から南への移動日。
朝のシャトルバスで空港に向かい、ローマ経由でバーリに向かいます。
e0106251_11105096.jpg


搭乗時間まで3時間くらいあったので、1時間1ユーロの空港Wi-Fi使いました。残りの有効期限までに来られるといいな(^^)
e0106251_11105454.jpg


◆ローマ行きの便は30分遅れで出発。乗り継ぎに1時間しかないので心配していたのですが、巻いて10分遅れまで戻し
e0106251_11105823.jpg


しかし席が一番後ろの窓側だったためになかなか出られず

搭乗にはギリギリ間に合うか…と思いながらの駆け足移動。
e0106251_1110566.jpg

ローマ空港の搭乗ゲートはチェックイン時と変わることがあるので必ず確認を、とは日本の空港カウンターでよく言われていたのですが

動き出す前に念のため見てみたら大幅に変わっていて002.gif

しかし幸いなことに変更後のゲートはチケットに記載されていたゲートよりかなり近くだったのでなんとか間に合った…

と思ったらゲート前に人が溢れている
e0106251_11105299.jpg

今コードシェア便という、2社3社の共同運航が多く、今日の便はエールフランス、KLM、エアバルティック、アリタリア、アエロフロート、ポルトガル、デルタで共同らしい(´・_・`)

ゲート上のモニターを何度も何度も確認して行列に混ざりました。

◆乗り継いだ飛行機も1時間程度遅れていて、離陸した時点でバーリに到着する予定時刻を過ぎていて(u_u)

着いたら着いたでヴェローナで預けた荷物が行方不明 orz

同じく荷物が出なかったというイギリスからのご婦人たちとバゲージクレームへ。

係官がフランクかつ親切で、私の拙いイタリア語と少ない情報でも丁寧に対応してくださり、一通り手続きを終えてから外へ。

マエストロの弟さんが大変に心配しながら待っていてくださいましたm(_ _)m

◆宿は超ステキB&B
e0106251_1111345.jpg

e0106251_1111657.jpg

城というか博物館というか
e0106251_1111846.jpg

こういう場所で過ごすのもいい勉強です001.gif
◆今回伴奏してくださるピアニストさんは奇しくも同じ大学出身で面識もあり、宿も同じだったので待ち合わせてスーパーに買い出しに行って超簡単にごはん。

使わせて頂いたキッチンに切れるナイフが見当たらなかったのでトマトのヘタだけ取って、あとは自分のナイフで切ってね〜と渡したりしたので

もちろん普段はアウトドアで道具もないとかでなければそんな事はしないのですが、初っ端がこれでは

ピアニストSちゃん、内心ドン引きだったかも(u_u)

◆スーツケースの追跡情報は現地携帯にSMSで入るのですが、ローマからバーリに2220に着く便で運ばれる、と連絡が入り

夜遅くに再び空港に連れて行っていただき

時間外でインターホン鳴らしても出ないところを他の窓口の方に交渉して呼んでもらい

ようやく荷物と再会!
e0106251_1111141.jpg

出てくるところが面白くて画像撮ったらおー日本人だー的なリアクションがなんとなく見えたので

係官の姿も一枚。

ああもうなんて長い一日…

明るいうちに現地入りして、地図を片手に街中を歩いておこうという目論見も虚しく、到着初日は夜スーパーに行くのと荷物を取りに車で運んでもらう以外は一歩も外に出ることなく終了…

というところで次に続く。

お読みくださって有難うございます。更新モチベーションを上げるためにも、ぜひランキングバナーのクリックにご協力くださいませ(^^)/
[PR]
by chiearai | 2014-04-18 07:26 | イタリア日記

マントヴァ日記その2

◆マントヴァ日記、続編です。

ずっとホームステイでヴェローナからレッスンに通っていたのは、先生を紹介してくださった方がそのようにされていて、このスタイルが当時の私のニーズに合っていたのが大きいです。

滞在費の面でも、ホームステイにして夕食を付けて、電車とバスで通っても、ヴェローナから通う方がやはり経済的です。いろんな街にアクセスもしやすいですし004.gif

なのである程度長期で週3日くらい通うのであれば、ホームステイは悪くない選択肢で、私もずっとそうしてきました。

今回は時間に限りがあった事もあり、試しに先生のお宅に近く、またマントヴァの中心地のレジデンスに滞在したのですが、それによってできた時間の余裕は驚くべきものでした。

◆ちょうど夏時間にシフトしたばかりで20時近くまで明るいので、レッスン帰りに湖畔を散歩して帰る時間もありました。
e0106251_8111137.jpg

1日(水)。線路沿いにある、スペリオール湖。ヴェローナから電車で行き来するときに、散歩する人を羨ましく眺めていた道を、まず歩きに行きました。
e0106251_8111837.jpg

鴨も仲良く001.gif
e0106251_81123100.jpg

◆2日(水)。毎週水曜夜に開催されるという、コンセルヴァトワールのコンサートを聴きに。ベートーヴェンのクロイツェルソナタを、舞台俳優がトルストイの文学作品を朗読しながら演奏するという試み。

e0106251_8112513.jpg

◆朝ごはんはこんな感じで簡単に
e0106251_8113273.jpg

3日(木)。朝清掃とリネン交換が入る間に路上マーケットを覗きに。お昼は生パスタをアマトリチャーナとリコッタで011.gif
e0106251_8113762.jpg

◆4日(金)。日曜にマントヴァに遊びに来る予定だった、大学と研修所でお世話になった先輩が急な本番でその日が難しくなり(正しくは私がその変更プランに乗れなかったのですが034.gif)、私がマントヴァ滞在中に唯一計画していた行き先に興味をもたれた先輩と、急遽予定を変更して一緒に向かうことになりました。

向かうはマントヴァと姉妹都市提携している(はずの)、同じく世界遺産の街サッビオネータ。
e0106251_8114130.jpg

想像以上に可愛い街で、平日に行ったのでガイドツアーとかはなかったのですが、いろんな方に親切にしていただいて、楽しい旅になりました(^o^)

今回は着くなりスーパーでイタリア食材の山を前にしてテンションが上がり、数日分のつもりで買った食材を、結局10日かけても少しは残してしまうかも…という状況で

食費は抑えられているものの、旅先でも冷蔵庫の在庫と戦う生活に疲れ始めていた頃でもあり、外で美味しい郷土料理が食べられたのも嬉しかったですね003.gif

◆5日(土)。散歩がてら観光スポットを覗きに。サンタンドレア教会の他、ドゥオーモとリゴレットの家は今回初めて辿り着くことができました012.gif
e0106251_8114774.jpg

ドゥカーレ宮の裏手にあるサンタ・バルバラ教会で夕方コンサートがあるというので、お昼とお昼寝に帰って夕方再訪。
e0106251_811513.jpg

スコットランドのジョージ・ワトソン・カレッジの学生によるコンサート。
アンコールの蛍の光とスコットランド民謡のリミックスが素晴らしく!これだけでも聴きに来た甲斐があったと思ったのですが…
e0106251_8115591.jpg

終演後の演説が長い長い002.gif学生たちが疲れた様子が隠せないのもさもありなん。アンコールから入れ替わり立ち代りで30分以上続いて(u_u)
e0106251_8115879.jpg

イタリアの黒猫ちゃん
e0106251_812188.jpg

◆6日(日)。朝牛乳が枯渇して、それだけ買いに走ったはずなんですけどね…026.gif次の移動まで3日を切って、食材を使いきれるか心配になってきました009.gif
e0106251_81255.jpg

お昼はカボチャのトルテッリーニをバターとセージで和えて。卵6個を早々に使い切るために焼いたキッシュを少しずつ切って食べています。

ワインは1ℓで10日もちました035.gif
日本時間の昼夜にあたるこちらの朝昼はお腹が空くけれど、日本の明け方にあたる夜は胃が重く食事ができなかったので、スムージーを作って飲んでいました。お昼のパスタが最大量の食事という感じ。
e0106251_812991.jpg

日曜は夕方まで部屋でのんびり過ごしたり、練習したりしていたのですが

夕方から散歩に出ました。まだ歩いていなかったインフェリオーレ湖からドゥカーレ宮の中庭でゆっくりして、マーケットで賑わう街中を歩いて帰宅。

一日中何かしら路上で演奏する音が聴こえてくるのですが、イタリアで唯一、自身の楽器を車に積んで移動して全国で演奏しているという作曲家でもあるピアニストがエルベ広場でステージを作っていたので少し聴きました。
e0106251_8121568.jpg

◆残り2回のレッスンが滞在最後の2日に組まれていて…レッスンが終わるとヘトヘトになるし、今日7日(月)は夕方まで部屋で譜読みその他ちょこちょこ進めながらゆっくりしていたのですが

明日は最終日だし、レッスン後に何かするのは体力的に厳しいので、午前のうちにリフレッシュのために散歩や買い物に出るかもしれません。

ああでも明日というか、明けて今日はレッスンの合間に荷作りも洗濯もしなくては…orz

だんだん身体がイタリア時間に慣れてきて、こちらで夜型になりそうです。明後日から合宿生活になりそうだし、胃の消化リズムも現地時間に対応してくれるといいのですが(u_u)

お読みくださって有難うございます。更新モチベーションを上げるためにも、ぜひランキングバナーのクリックにご協力くださいませ(^^)/
[PR]
by chiearai | 2014-04-08 05:49 | イタリア日記

マントヴァ日記その1

◆レッスンのためにイタリアに来る時は、これまでずっとヴェローナでホームステイしながら電車でマントヴァまでレッスンに通い、空いた時間にお友達に会ったり、ホームステイ先を探してくださる方に語学の個人レッスンを受けたり、もちろん観光もして過ごしてきました。
e0106251_4383349.jpg

語学学校に通ったミラノとフィレンツェ滞在を除いて、今回で7年目にして7回。
先生が日本にいらっしゃる時には東京でもレッスンを受けていますが

マントヴァ滞在は今回初めて。

しかもレジデンスを借りての自炊生活です043.gif

◆適当とはいえ日常から毎日ごはんの事は考えているし、滞在費をかけて旅に出てまで料理するというのは正直これまで考えたこともありませんでした。

一人で来ているからこそ、ホームステイにして色々相談したり、一緒にごはんを食べる人はいた方がいいし、毎日何を作るか食べるか考える必要もなく、語学の勉強にもなると思うのです。

なぜ今回そうしなかったかというと、南イタリアで復活祭の時期に開催されるコンサートで演奏する機会が先に決まって、現地入りする前に自分の先生にレッスンを受けたくて日程を調整したからで

成田を出てから途中の移動を含めて帰国するまで、全部で3週間弱空けるのがギリギリ。今までレッスンがメインの目的の渡航で最短でも2週間、大学を離れてからは3週間は確保してきたので、ずっと同じ街から通うなら1日おきのレッスンのために電車で通うのでもよかったけれど

◆今回は週末を含めても正味10日しかないので、レッスンに来るために電車とバス移動で一日費やすのはさすがにもったいない気がして025.gif

日本から勉強にいらっしゃる多くの方と同様にマントヴァに滞在してレッスンに通う滞在を、一度試してみようと思い立ったのです。

結果は大正解003.gif

これまでのヴェローナ滞在も楽しかったですが、また違った良さを感じています。

そして今回のレッスン滞在も残り2日。

明後日水曜朝には次の目的地に向けて移動します。

それはまたそれで楽しみではあるのですが…

レッスンに伺うときは、次もおそらくマントヴァ滞在になると思います。
ゆったりと落ち着いて過ごせて、いいリフレッシュの機会になりました(^o^)

明後日のこの時間には南イタリアの次の宿で移動の疲れを癒しているのでしょうか。

出発までの間に、支度に支障のない範囲でマントヴァでの滞在の様子をお伝えできればと思っています。

お読みくださって有難うございます。更新モチベーションを上げるためにもぜひランキングバナーのクリックにご協力くださいませ(^^)/
[PR]
by chiearai | 2014-04-08 00:06 | イタリア日記
◆そんなこんなでイタリア滞在1週間経過。そろそろ次の移動がみえてきました。

アプリを使っても相変わらずの長文&画像満載の更新ですが、次の移動先でもWi-Fiは使えるらしいのですが、どの程度かは行ってみないと分からないし、日本に帰ればまたしばらくバタバタになるので、時間をみつけて投稿しておこうと思います。

◆3/30(日)、インフルともキレイにお別れして無事しゅっぱーつ*\(^o^)/*

和食は絶対ではないのですが、しばらく食べられないので出国前にお茶漬け、は割とお約束001.gif
e0106251_7583131.jpg

セキュリティチェックで係官に Hello! This way please. と声を掛けられて、間違えに気付いて微妙な空気が037.gif

こちらもしばらく飲めないのと、風邪も完璧に抜けてはいないので、水分は自分のペースで、ということで多めに調達。
e0106251_7584285.jpg

お昼だったかな
e0106251_7584736.jpg

カバリエのトスカを聴きました003.gif
e0106251_7585134.jpg

朝ごはん
e0106251_7585445.jpg

◆ローマ経由でヴェローナ空港に到着。荷物をつかんで15分後には駅に向かうシャトルに乗る。

こちらのセキュリティ係官にも外国人だと思われず、なんとノーチェックで通されそうになったのですが、自己申告でチェックしてもらったという(笑)

ユーロはいくら持ってる?と聞かれたので

えっと今20ユーロしかないので(本当)ここ出たらATM探さなきゃ、と言って笑いをとったらしい026.gif

◆駅に着くのはいつも深夜で、いくら治安がいいとはいえほぼ無人の駅周りでスーツケース抱えて路線バスをひたすら待つのはうっすら怖かったりもします。

何より昨年は別の街に滞在したので深夜のバス待ちも2年振り。何番のターミナルに乗る、それは駅を背にしてどっちで目印は…と記録は残し、時刻表やルートに変更はないか、調べられる事は事前にネットで調べて…

しかし2年振りのヴェローナ駅の様子は相当に変わっており008.gif
過去の滞在ノートの記録なんて役に立たず(u_u)

目の前の人に聞いて聞いて聞きまくり…
e0106251_759483.jpg

あった!
e0106251_7585829.jpg

っていうかこんな端っこだって知ってたら、安いからって路線バスにはしなかったかも(>_<)
e0106251_759139.jpg

タイムテーブルは事前に調べた通り。
e0106251_759843.jpg

◆それでも乗ってしまえばもう何度も乗ったバスなので大丈夫。レッスン旅は7年目9回目。うちヴェローナに来るのは今回で7回目で、泊めて頂くのはこれまで5回、述べ3か月はお世話になってきた懐かしいお家へ(^o^)

再会を喜び、寝る前のティータイム
e0106251_759158.jpg

懐かしいお部屋で
e0106251_7592065.jpg

朝目が覚めて窓から外を見れば懐かしい眺め(^o^)
e0106251_83462.jpg

前回駅近の別のお家にお世話になって、遊びにきたときに居た猫、Lionと。
e0106251_83961.jpg

わーいつもの朝ごはん♪
e0106251_831240.jpg

こちらシニョーラ。
e0106251_844852.jpg

iPadを使いこなしGmailもFacebookも覚え、語学学校にくる留学生のために英語に磨きをかける、なんと70代005.gif

もう一匹の猫、シシィを捕まえて自分撮ってみたd(^_^o)
e0106251_845851.jpg

◆いい人生を。ヴェローナに来る時は連絡しなさいね!と送り出されて駅に戻る。

前夜は移動に夢中で覗きもしなかった駅構内も、2年の間に大分モダンになっていました005.gif
e0106251_85260.jpg

実は今回の目的地はいつものヴェローナではなく、再び空港に戻って次の移動が待っています。

ヴェローナ空港から出るもう一つのシャトルでリゴレットの街マントヴァへ…
e0106251_85735.jpg

ローマ経由だと到着が23時近くなって、マントヴァ行きのシャトルは17時くらいで終わるし休日深夜に巨大スーツケースとタクシーに乗ると150ユーロは軽いと出たので

夜中にただ寝るために移動してタクシーと宿泊に費用かけるくらいなら、最終便が着くまで運行しているヴェローナ駅行きのシャトルと路線バスで6ユーロ、懐かしいお家に泊めて頂いて翌日空港に引き返す事にしたのでした(^^)

曜日と時間帯によっては150ユーロかかる移動が5ユーロしかも貸切(笑)
e0106251_851265.jpg

◆ドゥカーレ宮殿前のPiazza Sordelloに到着!地図を見ながら石畳をスーツケースを引っ張って予約したレジデンスへ…
e0106251_851698.jpg

って受付無人だし orz
e0106251_851984.jpg

正しくは玄関すら開いてなくてお手上げ…受付時間に余裕をもって行けば大丈夫とかいう、その認識がそもそも間違ってると思い知らされた瞬間(u_u)

インターホン鳴らしまくった挙句にたまたま外に出てきた滞在中の方に中に入れてもらって待つ…

受付にあったカタログで、着いた時間はまだ昼休みと判り、午後開くまで入れないのは仕方ないと諦めたものの

午後の受付時間を30分経ぎても人が来る気配がないのでさすがに心配になる…

語学に堪能でなくても誰かいれば助けは求められるけど、無人だとお手上げ(u_u)

宿の番号にかけても受付の電話が鳴るばかりで、しかも転送設定されてるので誰も出ないのに携帯のチャージが減っていく…

助けが欲しい一心で、鳴った電話を勝手に取って

あ私客ですけど今ここ誰もいませんよ。ずっと待ってるんだけど困りますよねー

とか言って相手を絶句させ
e0106251_852238.jpg

次に受付にあった、宿の情報が掲載されたカタログに出てた発行元の観光案内に

受付から電話をかけ

私は日本から予約してやってきて、営業時間過ぎても受付に誰もいないんです。一体どうすればいいんでしょうか…

と同情を引き

どうしても駄目なら他紹介するから17時までに来なさいと言われ

自分で手配したので自力でなんとかしたかったけどこれ以上は無理かな…と

また受付から(笑)先生に電話で助けを求めてる間に

受付嬢出勤!

…というとんでもないトラブルに初っ端から見舞われましたが

お部屋は超快適*\(^o^)/*
e0106251_852477.jpg

◆先生に再度電話してちゃんとご挨拶してからマントヴァでいつもお買い物するスーパーへGO
e0106251_864717.jpg

2日分の夜と3〜4日分の朝昼のつもり。実際は10日でも消費しきれず大変なことに042.gif
e0106251_865337.jpg

初日なんでプリモと
e0106251_865824.jpg

セコンドも作ってみた003.gif
e0106251_87183.jpg

到着初日は相変わらず冒険風味で、翌日のマントヴァ移動初日がなかなか大変でしたが、ここを抜けた後は大変に快適(^o^)

それも次の移動までの命…

なんて事にならないことを祈りつつ023.gif

マントヴァ滞在日記はまだ続く…

お読みくださって有難うございます。ぜひランキングバナーのクリックにご協力くださいませ(^^)/
[PR]
by chiearai | 2014-04-07 06:42 | イタリア日記

倒れても寄り道編

◆イタリアから更新して、アップロードする最後の最後に記事が全部飛んだエキサイトブログ。自動保存しました、って出たあれはなんだったのでしょう(u_u)

もうほんと、誰かなんとかしてほしい…アプリの使い勝手が比較的よさそうなのでこれでしばらく凌ごうと思っていたのにさすがに力尽きそうです007.gif

◆でも自分のために、気を取り直してもう一度頑張る??

2日間のステージを終えて、寄り道開始!ローカル線がリニューアルされて、乗り心地はいいけどその分旅情はどこかに消えた気がするのは気のせいでしょうか??
e0106251_718595.jpg

夜を徹して語り合った要因の一つは、帰ってすぐに2人それぞれが演奏で違う国に行くことになっていたのと、もう一つは2月に遭遇した豪雪被害の名残が予想以上に深刻で、前回の寄り道リベーンジ!とは簡単に行かなかったためで

初日はステージの反省以外は具体的な計画と手配に、2日目は候補に考えた果樹園が軒並み営業停止状態なのが判って代替案と対策に追われていたのでした。

◆そんなこんなで目的地に到着!
e0106251_7181019.jpg

相方氏がしっかり写り込んでいるのに文字通り今気付きましたf^_^;) ブログ用に選んで実際にアップロードしてから気が付くこと、結構あります??

観光案内でフルーツ狩りができる果樹園を紹介してもらい、送迎も手配していただきました。結局これが一番確実かも。
e0106251_7182043.jpg

もうイチゴ??は当分いいでーす!とその時は本気で思ったくらい、お腹いっぱいいただきました。
e0106251_7181476.jpg


◆次の行き先まで果樹園の方が送ってくださり、午後の営業時間まで日向ぼっこしながら待ってるつもりがすぐに入れて頂けて、文字通り貸切り状態(^o^)
e0106251_71827100.jpg

風邪を追い出す勢いで交替浴に励みました001.gif
e0106251_7183145.jpg

もちろんしっかり休憩してから駅に向かうf^_^;)
e0106251_7182494.jpg

◆イチゴのおかげでお昼要らずで次の行き先まで果樹園の方が送ってくださり、大分予定を前倒しにできて、当初予想していた乗車時間には家に帰れました。

風邪の症状こそ出てなかったものの、上り坂を歩くと呼吸が辛くなるというのはあり、帰宅すると即ダウン。

翌日駆け込んだかかりつけの耳鼻科で症状をきいた先生が

なんか気になるな…

と仰って検査したところ

渡航1週間前を切った時期にまさかの

インフルエンザB型陽性 orz

人生初インフル、なぜこんな時に(/ _ ; )


◆判明した段階で、出発まで予定していたレッスンも稽古も全てキャンセル。

ひたすら家に籠って休養に努め、先生からOKが出たのは

渡航2日前、金曜の夜でした??

なんとか間に合って、本当によかった(^o^)

お読みくださって有難うございます。ぜひランキングバナーのクリックにご協力くださいませ(^^)/
[PR]
by chiearai | 2014-04-06 06:44 | トロヴァトーリと旅日記
◆イタリアに着いて1週間。滞在1/3が経過しました。
こちらでの様子をお知らせする前に、アプリの動作に慣れがてら、出発直前の長野行きのご報告から(^o^)/

一体何しに行くの…?と出る前に家族に言わしめた荷物の数々004.gif
e0106251_5563094.jpg

中央高速移動の楽しみ♪富士山がキレイに見えます。
e0106251_5564141.jpg

着いた日のお昼はお蕎麦がお約束。
e0106251_5564614.jpg

◆ステージ後の反省会?セット。初日は翌日の見直しを2日目は次回のために、結構真面目に037.gif打ち合わせをします。
e0106251_557040.jpg

今回珍しく、話が尽きず(別に普段から尽きてるわけでもないのですが006.gif)明け方まで語る系。すごく楽しかった!ただそのために若干無理した面(後述)はあるかも…

◆2日目。お気に入りのバラクラがシーズンオープンのガーデン開きというので朝から出掛けました。

前回の大雪が夢のような好天。遠くの山もキレイに見えます001.gif
e0106251_557325.jpg

モンゴルの馬頭琴奏者の演奏を聴き、オールドローズの選定講座に出てからお昼兼アフタヌーンティー063.gif
e0106251_5571154.jpg

帰りに苗と土を買って配送をお願いして、来た道をのんびり戻ってステージに備えました。

実は出発直前に稽古場で風邪をもらってしまったようで、この時点で咳が出たりというのはなかったので本人もそんなに気にしていなかったのですが、楽しい旅とステージでテンションが上がってちょっと無理はしたかな…

そんなこんなで続きは順次上げられそうな気配。次の移動までに追いつくように小まめに更新するので遊びに来てくださいね029.gif

お読みくださって有難うございます。ぜひランキングバナーのクリックにご協力くださいませ(^^)/
[PR]
by chiearai | 2014-04-06 05:33 | トロヴァトーリと旅日記

ソプラノ新井千惠(新井千恵)のブログ


by chiearai