Feel the wind~Chie's days of life♪

chiearai.exblog.jp

ソプラノ新井千惠(新井千恵)のブログ

<   2010年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

復活、近し♪

◆夏が終わったと思ったらあっという間に10月も中旬。

そして今日は10/10/10のゾロ目な日のようで…次に巡ってくるのは100年後…!!!

右側のTwitterウィンドウをご覧くださる方はお気づきかもしれませんが、体調が思わしくない状態が続いてまして、そしてその状態で昨日はレッスンに行き初っ端から貧血を起こし

先生の前にモザイクがかかってなんだかハッキリ見えませーん☆

なんていいながらレッスンを受けて


そこから後の日程が危ぶまれつつ川崎へ移動。

レッスン開始直前に携帯に着信があったことに気づき

確認してみると、1時間前まで滞在していた大学の演奏課の職員の方からで

今月末の大学の芸術祭で開催される校友会コンサートで演奏させていただくことになりましたm(_ _)m

機会があれば…と思ってくださっている方、久しぶりな方、芸祭見学のついでにぜひ遊びにいらしてください♪


◆行く機会の少ない人には川崎ってどこー?と思われがちですが

実は品川から1駅(+_+)

ま、その一駅は東海道線ですけど(笑)

駅を出るとすぐ見えるこの建物。壁に楽譜が描かれています。
e0106251_17383499.jpg


ホール入口。手回し式のオルゴールを演奏する人が
e0106251_17402157.jpg


ウィーンの森Buhne バーデン市立劇場の公演で演目は「ボエーム」。ホールに勤務する大学時代の友人Mちゃんに教えてもらい、再会とかけて急遽行くことにしたのですが(^^ゞネットで最後の最後に残っていたC券を買えたようです。

2階からは階段で4階に上がりLB扉を目指します。4階席とはいえ舞台サイドの1列目しかも通路脇という良席。3000円で引越し公演が観られるってすごすぎ(^^♪

こちらお家から持ってきた野菜とマイ調味料(^^ゞ
e0106251_17433520.jpg


客席からみた舞台とオケピット。舞台は1幕のセットです。
e0106251_17443584.jpg


休憩後に再び1枚。今度は3幕ですね。
e0106251_17454428.jpg


終演後にMちゃんと合流、一緒に彼女のお家に向かいました。ご飯を炊いている間に押しかけ料理人行動開始(^o^)

家の野菜庫にあった野菜と調味料持参で足りないものは買っておいてもらったりMちゃん宅の冷蔵庫からいただき…

完成品はコチラ♪
e0106251_17492471.jpg


せっかくお部屋にグランドピアノがあり音だし可で、久しぶりだから食べたら歌おうとか言っていたのに

すっかり忘れて食べ飲み喋り倒し

気がついたら音だし可能時間を大幅に超えて終電が気になる時間(*_*)

2週間ほど続いた胃のもたれからくる不調もすっかり消えて元気に食べて

あーやっぱりストレスだったんだな…なんて思ったりして。


そんなこんなで最後までたどり着けるか危ぶまれた体調不良もなんのその(^^ゞ

しっかり元気回復して楽しく過ごして帰ってきたのでした♪

ノンストップで11時間寝まくり、起きたらなんとなく頭が痛いのは二日酔いですかね…

体調はあともう一息な感じではありますが、復調のきっかけもつかめそうだし、楽しく有意義な一日になりました(^o^)

♪♪1日1クリック、お願いします♪♪
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ にほんブログ村
人気ブログランキングへ人気ブログランキング
[PR]
by chiearai | 2010-10-10 18:01 | リフレッシュ

説得のエチュード

◆2週間ほど胃が重く

でも○田胃酸を指示通りの間隔で飲んでみたらあっという間に改善したのですが(vv)>

本日語学学校の秋学期初日

授業後はクラスのみなさんとランチに流れるのに薬を持って出るのを忘れ

一品ずつの量が少ないから大丈夫と思ったら食べてる間に胃がもたれてきて

消化とともに膨れてきた胃が周囲を圧迫して背中や頭が痛くなり…

フィガロ授業への移動中にこんな感じになってきたものの、引き返すより見学しよう、と聴講だけしてきました。

正直座ってても苦しかったですが、出た甲斐はありました(^o^)


◆スタニスラフスキーシステムによるエチュード、一通りこなすだけで運動の習慣のない人は翌日筋肉痛になってしまうウォーミングアップの意味…

当たり前ですが、すべては「役を演じる」ことにつながっています。


「自分」の枠を超えて、自分ではない人を演じる

そのために日常の動作に表れている身体の癖をなるべく取り、柔軟性と可動域を広げて動作の可能性を広げる

感情を伴ったコミュニケーション力を上げる

リアルな感情をもって動き語る

説得力のある演技をするためにリサーチをする


素の自分のまま出て行って、交通整理されたまま右に行き左に行き、実生活で使えない外国語をただ覚えて歌う

そこには舞台表現としての説得力はないでしょう

…というのが今取り組んでいることの出発点にあると思うのですが。


◆先生はロシアの方ですが、エチュードの最中に発せられる言葉に感じ方の違いをみることがあります。

感情を瞬時に渡していくエチュードで

・死ぬ直前に子供ができた。嬉しい「ああ!」
・子供ができたけど自分の妻じゃなくて愛人にだった。びっくり!の「やー!」
・○士急ハイランドに行って富士山から滑降する(多分ジェットコースター)怖ーい!の「おー!」

最初の2つってそんな簡単に思いつくのか…(vv)


それから、不思議な瞬間を目にしました。

相手を選んでその人のところに行って、決められた言葉「だけ」を発する。言われた人は心から説得された場合だけ、言われた通りに動く。3回言って駄目だったらアウト。

というエチュードをみていたのですが

行こう
出て行け
友達になろう

の3つをやったのかな…?ほんとにその言葉しか発していないのに

「本当に心からそうしたくなる」と言われた人もびっくりして動いてた。

言葉と気持ちがつながると、自然に人を動かす力になる。表現に説得力が生まれる…そんな風に感じました。


◆これまでの「なんとなく」演じる、みたいな概念を根本から考え直すきっかけになったこの授業も残すところあと3回。日常にない動作の連続で授業開始当初は怪我も多く、最近ようやく戻ってきたな…と思っていたのですが、時間の経つのは早いものです。

今までとは違うものが得られるかもしれない。まずは来月の試演会、頑張ります(^o^)/

♪♪1日1クリック、お願いします♪♪
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ にほんブログ村
人気ブログランキングへ人気ブログランキング
[PR]
by chiearai | 2010-10-07 23:59 | 歌と日常
◆久々にトナカイのステージで歌わせていただきました。

オーナーが倒れて以来…

いろんなことを、思い出しながらの移動(/_;)

ステージは毎回学ぶ事が多く、今日も様々なことを考えさせられました。

3人のうち2人が近々予定しているオペラのための演目を歌う。その合間に持ってくる曲目をどうするのか…

予定していた重唱を当日になって譲る事で結果的に大曲を多く持ち込むことになり、歌いきるのが大変なステージだったな…というのが正直なところ。

次はその辺のバランスをよくよく考えたいと思っています。


◆本日の演奏曲目:

《リゴレット》より「慕わしき人の名は」(ジルダ)
《友人フリッツ》よりさくらんぼの二重唱(スーゼル)
エーデルワイス

《ラ・トラヴィアータ》より乾杯の歌
悲しくなったときは
《キャンディード》より「着飾って、きらびやかに」(クネゴンデ)

《魔笛》より「ああ、怖れおののかなくてもよいのです、わが子よ!」 (夜の女王)
メリーウィドウワルツ

♪♪1日1クリック、お願いします♪♪
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ にほんブログ村
人気ブログランキングへ人気ブログランキング
[PR]
by chiearai | 2010-10-04 23:44 | オペラサロントナカイ

逆らわない

◆稽古と本番が続く日々が一段落して1週間。時間にゆとりのあるときに限って体調が思うようにならず…今週はほとんど家で寝て過ごしてしまったような気がします。

来週から再びいろんなことが動き始めるので、その前にいろいろ片付けておきたかったのですが(vv)

今は夏の疲れが出てくる時期ということで特別な時期だとは思うのですが、体調に関してはあまり無理をしないようにしていて、そのために普段は比較的元気に過ごせているように思います。

疲れていたり、眠いときに無理をしない

身体が休みたい、辛い、と言っている信号を無視しない

でも約束したことは必ず守る

…そんな風にして過ごしているのですが、約束、がない時間のあるときに日頃の疲れが出てしまいがち、というのはまだまだ調整が上手く行ってないのかな、と思うこともあります。


◆来年3月の荒川オペラシリーズに出演させていただくことになり、近日中に3月までの日程を出さねばならないので、今あちこちの日程を確認しつつ調整を進めています。それと同時に1月のフィガロの後、次の稽古日程に影響の少ないところで再びイタリアに向かうべく、そちらの方も調整中。

元々

日本の近代詩が好きで、ドイツリートと宗教曲が好きで

最初に就いた先生がリートが専門の先生だったので、同じ方面の勉強がしたい、とお話しした記憶があるのですが

その時しばし沈黙があり…


あなたの声には明るくてブリランテな響きがある

イタリアものをやった方がいいと思うよ


と言われてがっくり…(vv) いえほんとに大好きだったので…というか大学院でも修士演奏は宗教曲とリートで組むつもりで勉強していたのですが、宗教曲の方は中間発表や課題の一部に入れたものの、リートをかけた試験が思わしくなく、考えた末に断念(vv)

その後イタリアで勉強してイタリアンな響きに魅力を感じるようになり

いつの間にかイタリアオペラが大好きな人がここにも一人(vv)>


◆私はどう考えてもスタートが遅いのですが、それでもこれまで素晴らしい先生方や機会に、仲間や友人たちに恵まれてここまできていると思っています。

遅れたことは残念ではあるけれど、それまでのことを嫌々やっていたわけでもなんでもないし、そのときはそのときでそう進むのがベストだと自分で選んでやってきたことです。こういう経路で人より時間をかけてここまできたというのは、大袈裟な言い方かもしれないけれど自分の運命なんだろうと思います。

起きたことには意味があるし、嫌なことには滅多に遭遇しないのでそれはそれでいいんじゃないかと

そんな風に生きてますが、今このようにしていること、音楽の方向に舵を切ってから起きている様々な出来事は、正直のところまったく想像しておらず

つくづく人の人生って面白いな~、と自分で思ってしまうのですが(^^ゞ


◆そんなおもろい人生(笑)を生きているわたくしの次の本番は来週月曜、4日のトナカイです。

イタリアンな演目、叙情的な曲、コロラトゥーラと高音満載の曲…いろいろ持って行きます♪

事前にご連絡いただければドリンクチケットをお渡しできるので、「お問合せ」カテゴリからご連絡いただけると嬉しいです。

♪♪1日1クリック、お願いします♪♪
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ にほんブログ村
人気ブログランキングへ人気ブログランキング
[PR]
by chiearai | 2010-10-03 00:49 | 歌と日常

ソプラノ新井千惠(新井千恵)のブログ


by chiearai